健康診断を受ける理由について

不摂生な生活は病気の引き金になる可能性があります

学習指導の一環でもあります

健康診断は学校の中の授業の一つとしても含まれており、年間で定められている学校行事でもあるのです。
子供達の健康や安全を維持しながら授業をする事は法律で定められています。
定期的に健康診断をする事で、健康維持だけではなく保護者に対して子供達の成長を改めて感じて貰う為に行うのです。

学校生活を送る為に支障がないかどうかを確かめて問題があれば早急に対処する事で様々な予防に繋がると思います。
子供達も自分の体の事を知る事で、保健体育の大切さを学ぶ事が出来ます。
今は心身共に弱い子供達がとても多い時代になっています。
早期発見をする事により、適切な治療と教育を受けさせる事が出来るので健康診断はとても重要な意味を持ってきていると思います。

子供の肥満も増えてきている為

食事の欧米化により子供でも肥満気味の子供達が増えてきています。
この事は、前の記事でも紹介しましたが、改めてここで書きたいと思います。
肥満が多くはってきている背景にあるのは、食事だけではなく生活習慣も大きく関係しています。

子供の内から夜更かしや不規則な生活を続けていると大きくなってからその代償を支払う事になります。
そうならないようにする為にも、定期的に学校でも健康診断をする事で肥満を予防し、危険な数値が出た子供達に適切な治療を受けさせて健康を守るようにしています。
学校の健康診断の診療は主に、身長体重や視力や聴力検査や心電図が当たり前になっています。
子供の年代で適切な数値がそれぞれ決まっている為、少しでも異常があったりグラフに沿っていないと分かればすぐに対処する事が出来ます。


この記事をシェアする